と き:2010年4月25日(日)  開演:14時
会場:朝日さんさん広場  リバーウォーク北九州4階
                       (JR西小倉駅徒歩3分)

 2007年6月以来3年ぶり2回目のご出演の

 芸乃虎や志さんです。

 前日に博多でも寄席があり

 お忙しい中お越しいただきました。
 
 人通りがなく寂しいですね。

 お客さんの入りが心配になってきました。

 今回は小雪さんと二人での会場作りでしたが

 スタッフの皆さんが高座を用意して下さっていたので

 大変助かりました。ありがとうございました。
 すっかり準備も整い小粒さんは、何やら席亭や

 さんさん広場スタッフの皆さんと打ち合わせです。

 前説でいろいろと仕掛けがあるようです。 
 今回のお茶子さんは小松亭緒々箏さんです。

 楽屋ではいつも笑い転げている緒々箏さんです。

 何でも「箸が転んでも可笑しいお年頃」

 ・・・だそうです。
 開口一番は山椒家小粒さんで

 落語家の珍高座名についてです。

 大型スクリーンを使い高座名を写しだします。

 打ち合わせ通り、上手くいきました。
 開演前からぞくぞくお客さんがお越しになり

 あっという間に補助イスを出す満席となりました。
 さんさん広場のお客さんから

 「また、芸乃虎や志さんを呼んで下さい」と声があり

 2年越しのラブコールにお答えしていただきました。

 私たちも首を長〜くして待っておりました。
 演目は地獄八景亡者戯SV(ショートバージョン)です。

 虎や志さんお得意の美空ひばりの

 モノマネも入り大熱演です。
 
 続きまして山椒家小粒さんです。

 今回もネタおろしで

 リクエスト演目の「付き馬」です。 
 吉原でさんざんドンチャン騒いだ客が、

 付き馬の若い衆を連れ、ぶらぶら歩き回ったあげく
 
 早桶屋のおじさんに作って貰うという……。

 

 途中地震(?)に見舞われながらも

 なんとかオチまでたどり着いた小粒さんでした。 
 1席目で披露をした鍵盤ハーモニカを使い

 ミニコンサートのはじまり、はじまり・・・。

 演奏のポイントも教えていただきました。

 今年の忘年会はこれで盛り上がること

 間違いないですね!!  
 2席目は「お見立て」です。

 花魁も人気者になるといろんな人が

 お客さんにいるようで、あまりしつこくすると

 一気に嫌われてしまいます。

 田舎の人が出てくると必ず「ずうずう弁」になるのは

 なぜでしょうねぇ〜。
 
 今回もお楽しみ抽選会がありました。

 虎や志さんは法被をはおり、再登場です。

 当選された方、おめでとうございます。
 虎や志さんのちょっとシャイな先輩と

 明るい友人の皆さん

 さんさん広場のスタッフの皆さんも一新しました。

 いつもの事ですが本当に小倉は女性が多いですね。
 
 打ち上げはお馴染み「久津の葉」さんです。

 隣りの席のお客さんも巻き込み

 ミニ演奏会が始まりました・・・が

 何故か皆さん神妙な顔になっていませんか・・・

 ん〜その後どうなったのでしょうか?

 そんなこんなで楽しい一日は
                 過ぎて行くのでありました。 



  

と き:2010年2月28日(日)  開演:14時
会場:朝日さんさん広場  リバーウォーク北九州4階
                       (JR西小倉駅徒歩3分)

 今年最初のさんさん寄席には

 12月に続きゲストは大分県南落語組合から

 三浦亭浦三改め豊後家歌八さんです。

 歌八さんは2004年3月の第8回さんさん寄席以来

 2回目のご出演です。
 今回、初披露の紙切りの練習をする小花さんです。

 何を切るかは本番までのお楽しみ・・・。
 久しぶりに下座もあります。

 紙切りの囃子もあるので、稽古にも力が入ります。
 開口一番は山椒家小粒さんの

 「落語豆知識」です。

 お客さんにもご参加いただき

 「おじかん〜」の稽古をしました。
 お茶子さんはお客さんでいらしていた

 緒々箏さんの妹さんです。

 急なお願いにも関わらず快く引き受けて下さいました。
 マクラからエンジン全開の

 豊後家歌八さんです。

 楽屋からも笑い声が聞こえてきました。 

 歌八さんを6年待っていらし方もいるとか・・・?
 歌八さんの演目は「平成老婆症候群」です。

 お年寄りの会話をコミカルに演じて

 会場は爆笑の渦に!!
 双葉乃小花さんは篠笛演奏で

 会場を和ませてくれました。

 曲目は季節柄「ひなまつり」と

 なぜか「もののけ姫」でした。 
 山椒家小粒さんはリクエスト演目の

 「火焔太鼓」です。

 志ん生、志ん朝親子が作り上げた噺に

 挑戦です。 
 いきなりオリジナルのくすぐりを連発!!

 見事なまでにはずしていきました。

 こんなに完璧に盛り上がった会場を冷めさせるとは・・・。

 本当にオジャンになりました。(T_T) 
 双葉乃小花さんで紙切りです。

 まずはバンクーバーオリンピックにちなみ「カーリング」

 続きましてお得意の「うさぎ」に

 最後は「藤娘」を切ると会場からは「お〜〜ぉ」と

 歓声が上がりました。
 今日の主任は再び豊後家歌八さんの登場です。

 演目は「目薬」。

 艶っぽい噺が得意な歌八さん。
 文字を読み間違えた夫婦が

 妙な方法で目薬をさします。

 とぼけた芸風なのか素なのか?

 どことなく高田純二を思わせる歌八さんでした。
 終演後には歌八さんにもお手伝いいただき

 門司区出光美術館で開催中の

 「唐三彩」展の招待券抽選会がありました。

 当選された皆さん、おめでとうございます。
 旅立ちの春、

 朝日さんさん広場のスタッフのお二人が

 3月で退職となります。短い間でしたが

 お世話になりました。
  
クリックすると拡大します
 「第45回さんさん寄席」の

 さんさん新聞をご覧下さい。
 打ち上げはお馴染みの「久津の葉」さんです。

 歌八さんの噺に興味津々のメンバー

 高座を降りても噺は止まりません。



  
もどる
inserted by FC2 system